天然石

レピドライト

レピドライトの効果/意味

レピドライトの効果

心身の調和・対立関係を緩和・良好な人間関係の構築・リラックス・チャレンジ精神・変革

レピドライトは、「変革の石」と呼ばれており、持ち主の前向きな気持ちをアシストしてくれます。新しいことへのチャレンジ、新しい環境でのスタート、新しい仕事場など、いろんなことへの適応能力を与え、願いのサポートをしてくる天然石です。

今までの自分、過去の自分の殻を脱ぎ捨て、枠や思い込みに囚われない生き方をしたい!新しい世界へと歩み出したい!という方の力となり、気力を失っている人、自信を失っている人には、レピドライトが前向きなパワーを与えてくれるでしょう。

感情的になった心を鎮め、平穏な状態へと戻すサポートをしてくれるため、心のゆとりがうまれ、良好な人間関係構築にも一役買ってくれそうです。

レピドライトの特徴

レピドライトは「雲母」の一種であり、リチウムを多く含むことで紫色となっています。落ち着いたダークパープルの中に、キラキラと輝きが見られるレピドライトは、女性にも人気が高いのが特徴です。

和名を「リチア雲母」と言い、結晶が鱗状になっていることから「鱗雲母(りんうんも)」「紅雲母」とも言われることがあります。しかし結晶の特性上、一定の方向に割れやすいという性質を持っているため、取り扱いには注意が必要です。

ギリシャ語の「lepidos(うろこ)」が語源となっています。

レピドライトの浄化方法

パワーストーンを浄化する方法は、水、太陽光、天然塩、月光、水晶、煙、土による浄化がありますが、レピドライトは鉱物の性質上、水と太陽光に弱いので注意が必要です。浄化するのであれば「水」「太陽光」以外で行いましょう。

そして、硬度も低いため一定方向に割れやすい性質をしています。衝撃や摩擦などにも注意が必要です。

エネルギーをチャージしたい方は、水晶クラスターがおすすめです。

又、お仕事をされている方なら月光による浄化もおすすめです。雲のない満月の日に行うのが良いとされ、月光による浄化の場合も太陽光同様パワーをチャージできます。

レピドライト鉱物データー

鉱物データー
主な原産地 ブラジル
英名 Lepidolite
和名 リチア雲母(りちあうんも)
ピンク色・赤紫色・紫色
硬度 2.5 ~ 4
成分 K(Li,Al)3(Si,Al)4O10(F,OH)2
比重 2.7 ~ 3.3
結晶系 単斜晶系

レピドライトを使ったブレスレット

カーネリアン&レピドライト【平穏な人間関係を築き対立関係を緩和するブレスレット】

カーネリアン&レピドライト【平穏な人間関係を築き対立関係を緩和するブレスレット】