天然石

ラリマー

ラリマーの意味/効果

ラリマーの効果

愛・平和・調和・協調性・ネガティブ払拭・心身リラックス

ラリマーは、心のやすらぎと愛情を高め、コミュニケーション能力を高めてくれる石と言われています。円満な夫婦関係を築きたい…愛と平和に満ちた人生を送りたい…そんな安らぎを求めている方へおすすめです。

又、ネガティブな感情を払拭し、ポジティブな思考を与えてくれるとも言われており、日常のストレスや課題や問題に直面した時、持ち主へエネルギーを与え、優しくサポートをしてくれるでしょう。そのため「新しい取り込みをしたい!はじめたい!」という方にもおすすめです。

そして上記以外にも、「家族間の争いを解決」「運命的な出会い」「コミュニケーション力を高める」など、人に携わることについて幅広くサポートをしてくれます。

ラリマーの特徴

世界3大ヒーリングストーンの一つでもあるラリマーは、ドミニカ共和国やイギリスなどから産出されており、硬度4.5~5とやや低いのが特徴です。又、色は無色・白色・灰色・青色があげられますが、和名で「ソーダ珪灰石(そーだけいかいせき)」と呼ばれるように、鮮やかな水色をしているのが特徴です。そのため、ドルマリンストーンと呼ばれることもあり、海を連想するようない色合いが人の心を和ませてくれます。

鉱物的には、ナトリウムとカルシウムを主成分としており、ペクトライトに分類されます。そして、最初に発見されたのは1974年と比較的新しく、年々人気が高まっています。

ラリマーの浄化方法

パワーストーンを浄化する方法は、水、太陽光、天然塩、月光、水晶、煙、土による浄化がありますが、ラリマーは硬度が低いため扱い方には注意が必要です。

太陽光、天然塩での浄化はやめましょう。太陽光による紫外線を浴びると、変色の恐れがあります。又、塩に触れると傷があった場合、そこから劣化し割れる原因ともなります。

ラリマーのおすすめ浄化方法は、セージ、水晶クラスター、月光浴、流水です。

又、皮脂などの汚れにも弱い性質をしていますので、やわらかい布で定期的に拭くようにされると長持ちして、エネルギーを発揮しやすくなります。

ラリマー鉱物データー

鉱物データー
主な原産地 ドミニカ共和国・イギリス・アメリカ・カナダなど
英名 Larimar
和名 ソーダ珪灰石(そーだけいかいせき)
無色・白色・灰色・青色
硬度 4.5~5.0
成分 NaCa2(Si3O8OH)
比重 2.74~2.88
結晶系 三斜晶系

ラリマーを使ったブレスレット

サードオニキス&ラリマー&アクアマリン【夫婦愛を育み心にやすらぎを与えるブレスレット】

サードオニキス&ラリマー&アクアマリン【夫婦愛を育み心にやすらぎを与えるブレスレット】