石辞典

クンツァイトの効果/意味

クンツァイトの効果/意味

  • 無償の愛
  • 安らぎ
  • 母性
  • 感情の安定
  • 芯の強さ
  • 信頼獲得

クンツァイトの特徴

「愛の石」として代表的なクンツァイト(和名:リチア輝石)。1902年にアメリカのカルフォルニア州で発見されましたため「カルフォルニア・アリス」という別名もつけられています。

優しい印象のクンツァイトは、基本的にピンク色(桃色)をしていますが、紫色にも近い色をしているので様々な色合いが楽しめる石となっています。世の中には、他にもピンク色の宝石が数多く存在しますが、クンツァイトは独特の輝きと美しさがあり大変人気の高い石です。

主な原産国:ブラジル

無償の愛

クンツァイトは、聖母マリア様のように芯の強い愛情を持ち、自分以外の人に対しても強さと優しさを兼ね備えています。つまり、「無償の愛」です。見返りや打算的な感情などは取っ払い、心から人のためを想い行動に移せるようサポートしてくれます。又、感情のバランスを整えてくれるため、信頼構築にも役立ち、イライラ解消にも繋がります。ものの見方を変えたい、価値観を変えたいというかにもおすすめの石です。

他のパワーストーンの効果や意味の詳細をご覧になりたい方は以下のボタンよりご確認ください。

パワーストーン辞典/効果/意味

関連記事一覧